2018年4月17日火曜日

感想 / Review の2018−3を活字体 (インターネットで外国語に自動翻訳されます)と載せます。スキャンは、個人情報の守秘のために、姓名の姓だけにさせていただいています。
スキャンした感想 / Review はクリックすると大きく見えます。
4月8日
とても細かく書かれている絵と、大らかに表現されている絵が風景の中に1つになっているのが印象的でした。トンボやカエルが生き生きしている様子や、自然の中に生きている感覚を改めて感謝しました。  泉
4月9日
様々な描き方で型にとらわれる事無くとても面白く見せてもらいました。 釘宮
4月16日
油絵でこんなにも繊細に描かれていて感動しました。又、大きな岩が動く部屋をみて人の心の多様さに心打たれました。
私も精進しなければと力を頂きました。(私も少しだけ絵を描く者です) 佐藤
4月17日

普段、目にしている何気ないシーンが非常に意味のある物に感じられました。ここ最近、忘れかけていた感情がよみがえりました。明日から、また、精一杯生きていけそうです。ありがとうございました。   佐原

大分市の短歌「歌帖社」主宰の山本夫妻がカワラナデシコの鉢植えを5つ持ってきてくれて、そのうちの3つを美術館の「野の花遊歩道」に地植えしました。一つの鉢は、ナデシコも大分の街はもう暖かいので咲いています。咲いた鉢ともう一つは1000メートルの高原も暖かくなる5月に地植えします。(撮影:手嶋・岡本  編集:岡本)
クリックすると大きく見えます。

2018年4月15日日曜日

美術館の「野の花遊歩道」にはタンポポとスミレが最盛期です。(撮影:串山・岡本 編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。

2018年4月14日土曜日

近くの黒川温泉の河原にキセキレイが住んでいます。
キセキレイ羽虫空中くわえたり  子のありて巣に虫運ぶ破れ塀
忙しく休むことなき夫婦鳥    しなやかな尾の上げ下げも忙しく
(撮影/編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。

2018年4月11日水曜日

春の季節が到来しています。
ウグイスがまるで頭上1mで鳴いているような大声で美声を響かせています。ウグイスはなかなか姿を見る事ができない鳥ですが、ここ美術館周辺では平気で高い木の頂上で「ホーホケキョ」をやっています。おかげで稀少な写真を撮ることが出来ました。(撮影/編集:岡本)

クリックすると大きく見えます。